お遍路 59日目 88〜徳島市内

お遍路 59日目 88〜徳島市内
朝食の時
オリンピック選手と
小泉首相が握手している写真や
プーレートが、飾ってあるので
「何でオリンピック選手の写真が飾ってあるの?」と訪ねると
「家の孫がソフトボールの選手でね、キャッチャーをやっていてね、今年もオリンピックにでるねん応援してやってな!」と自慢げに話してくれた。
「すげ〜 あの怒っかない監督のところじゃないですか」
「そう、細木礼子やアテネオリンピック時の写真や」
帰りのバスは
10時か始発
土産物屋さんは
お寺の納経の始まる
7時から店を開ける
しかし、この辺は山の中
近くに宿は一件だけ
団体さんは、まだ食事の時間だろうし
個人の車でやって来る、お客さんなど
こんな早い時間から
来ない
大変、暇そうだ
最後なので、白衣を買って
88番札所のお寺で
白衣に朱印を押してもらう
そして、1番札所に戻り朱印を白衣に押してもらう
最後に高野山で朱印を白衣に押してもらえば、
始めのお寺、結願のお寺、聖地のお寺
で完成だ!
明日は高野山
最後の最後だ!
四国のみなさん
お世話になりました
ありがとうございます
m(_ _)m
しかし、徳島に久しぶりに帰ってきたら
楽しみにしていた
「あたりや」の大判焼きが50円〜60円に値上げされていた。
ショック(ノ_<。)
そういえば、ガソリンの
値段が急に値上げされていたな


お遍路 58日目 87〜88

お遍路 58日目 87〜88
雨にも負けず
風にも負けず
58日
恒例の朝の1本の
缶コーヒーを飲んで
7:00出発!
昨日、宿でもらった
地図で、どのルートを選ぶか宿の人に相談した。
ルートは3ヵ所
距離は、短いが雨で足場の悪い、旧お遍路ルートの山道
距離は、少し長くなるが道は舗装されている林道ルートの山道
アップダウンが緩やかだが、大回りの国道ルート
どのルートを選んでも時間的には、変わりは無い
国道ルートが一番楽なルートだが
ここは、お遍路の意地を見せて
林道ルートを選ぶ!
「旧お遍路ルートは、この雨では、薦められない」とアドバイスされたからだ。
林道ルートは、確かに舗装されているが
いたる所に小さな土砂崩れがあり
この雨では不安にさせる
いたる所に木が道に倒れている
「大窪寺まで、あと2.6キ」キロの看板を過ぎると
急に雨が上がり、霧に変わる
川の音もしなくなり
鳥の鳴き声だけが聞こえる
あの角を曲がれば見えるかな?
次の角までかな?
気分は、盛り上がってくる
あっ!建物が見えた
NTTの中継施設?
と言うことは
山の頂上?
(・_・)エッ......?
かなり歩いているのに、どして?
「女体山頂上まで900メートル」の看板が、何!女体山だと
(ノ-o-)ノ ┫
と言うことは、まだまだ先じゃない
騙された
怒りが込み上げてくる
さっきまで、「もうラストか」とムードが盛り上がっていたのに!
頭にきて、速や歩きになる
女体山の展望台を過ぎた所に「大窪寺まであと2.9キロ」
なんで、距離が延びるんだよ
\(`O´θ/キック!最後なのに感動より怒りが込み上げてくる
もう、あと何キロあるか解らない
大窪寺に着いた時にはすでに、感動を通り過ぎて冷静な自分があった。

親父、俺のザックの上にちゃんと
座っていたか?
それとも、空の上から見ていたか?
全部のお寺に
一緒に名前を書いた納め札を歩いて入れてきたぞ!
親孝行は、してやれなかったけど
俺の気持ちは
少し救われたよ
さぁ、一緒に高野山に行って家に帰るぞ!


最後の出撃!

朝からテレビの
天気予報を見ると
やっぱり、雨!
88ヵ所巡礼して
最後の一つ
今までの思い出が
走馬灯のように
頭をめぐる
さあ!朝食食べて
出発だ!


お遍路 57日目 高松市内 〜 84〜85〜86〜87番札所

お遍路 57日目 高松市内 〜 84〜85〜86〜87番札所
昨日、買って置いた
弁当を冷蔵庫から出して
弁当を二個食べた
靴は小さくなったので中敷きを抜いた
今日は、事実上の最後の出撃!
明日は、14キロ歩けば、峠はあるが
88番札所「大窪寺」で結願だ!
朝3:00起床
まだ、外は真っ暗
テレビもまだ、始まっていない
幻想的な音楽と映像がリラックスさせてくれる
4:30出発!
あまりにも、大きな都市で、どの道がどこに続いているのか
ルートを探すのに
時間が、かかって
早起きした意味が無い
国道を歩いていると
不思議な光景に出くわした。
高級車が何台も止まっていて
怖そうな、お兄さん達が直立不動で、20人くらい立っている
朝早いし、寒いのに車の中に居れば、いいのに?
良く見ると反対車線でも同じ光景が
そこには、刑務所の出口の門があった。
「お勤めご苦労様っす」の場面だった。
歩いていると
だんだんお腹が
下ってきた
お弁当のせいだ。
コンビニのトイレに駆け込んだ
四国のどこの
コンビニもお客さんにトイレを
自由に解放しているので、とても助かる

84番札所「屋島寺」は源平合戦で有名な所だ、
朝、散歩がてらに
地元の人が登り降りしてくる
ロープウェーイもあるが、歩いて登る
登りは、道が良かったが
下り坂は、山道で足場が悪く
とても急な坂で、雨の日など歩くのは、無理だろう
角ばっいて、不安定な石に足首をくじけそうだ。
宿に入り天気予報を見ると、四国に台風接近!
大雨の予感
最後の最後まで
俺を苦しめたいみたいだな


事実上の最終日!

事実上の最終日!
今日は3:00起床
昨日、高松駅で買った。
お遍路弁当を食べて
出発の予定だ!
今日、30キロ歩いて87番札所まで
行く
最終日は15キロの
ビクトリーロードだ!
今日は、足を引きずってでも
30キロ歩く!
だから、出発時間を早くした。
とにかく
ゆっくり
ゆっくり
歩こう、きっと
必ず!歩ける


お遍路 56日目 高松市観光

お遍路 56日目 高松市観光
昨日、雨で濡れた
靴の中に
ヘアードライヤーを突っ込み、乾かしていたら靴の中敷きが小さく
縮んでしまった。
途中で、変な音に変わったので
そこで気が付けば良かった。
朝、歩き始めると
何か違和感がある
歩くと足の指が痛い
後で、宿に帰って足の指を見たら
一回り大きく腫れ上がっていた。
ドライヤーの熱で
靴も縮んだみたいだ
これは、ヤバい事になった。
今日は、足を休ませる為の市内観光
高松の駅からバスで
50分650円の距離に「世界の中心で愛を叫ぶ」のロケ地
庵治町がある
バス停を降りると
コンビニがあって
「サクちゃんの焼きそばパン」が売っていた。
ネットで印刷した地図を見ていたら
おばちゃんが「どこへ行くのかね」と声をかけてきた。
「道なりに見て行こうかなと思っているんだけど」
「それなら、真っ直ぐ行った農協の前に写真館が復元してあるよ」地図を見ながら歩いていると
知らない間に
おばちゃんが自転車に乗って、着いてくるではないか
「もっと先だよ、私も地元だけど行った事がなくなって、今はあの女優さんもずいぶん変わったね
大人になって」
そんな話しをしながら写真館まで一緒だった。
写真館の中は、資料と案内所があるだけで
セットは残っていない

有名な、ブランコの場所に一組のアベックがいた。
男の方が「一緒に座ろうよ」
「え〜いいよ」
(邪魔だ!早くどけ写真が撮れない)
ベンチに座って
終わるのを見て待っていた。
向こうも気が付いたみたいだ。
ブランコのクサリには、沢山の南京錠が繋がれている、後ろの金網の所にもだ
なるほど!カップルが居るわけだ。
帰りは「祈り岩、与一公園前」で降りて
屋島観光を、ついでにしてきた。
八栗駅まで歩いて観光した。
荷物が無いのに何で
こんな足が痛いんだろう
その時感じた!
明日は、朝早く出発して足を気づかいながら歩かなければ


お遍路 55日目 82〜83番札所 高松市内

お遍路 55日目 82〜83番札所 高松市内
朝、5:00に起きて宿の温泉に浸かり足を温めて、良くもみほぐす
足にシビレがはしり
思わず「痛てぇ〜」と声を出してしまった。
血圧計があったので試しに測ってみた
136/66
今日は、朝食をたっぷり食べた。
それこそ口の中に
詰め入れる用に
食べたので味など
覚えていない!
たっぷり栄養をつけなければ、昨日の用になる
ゆっくり、ゆっくり
歩きだす、そうしないと吐き出してしまうからだ
ここの宿は、7時から朝食なので歩くのが
遅い俺は、少しでも早く出発したいのだ。
昨日の夜から、朝まで雨は降り続いた
最短ルートのお遍路道は、たぶん足場がぬかるんで
ぐちゃぐちゃだろう
距離は2キロ長くなるが県道ルートを82番札所に向かって歩く
途中、自衛隊のトラックが何台か抜いて行く
そういえば、昨日お遍路転がしを登っている時に銃声が何回も聞こえた、近くで猟でもやっているのかな?
流れ玉に当たっら
嫌だな
そう思いながら登っていた。
82番札所は、牛鬼伝説で有名だ。
駐車場の所に銅像が立っているのだが
雨なので携帯で写真が撮れない、残念!
しかし、デジカメでは、撮れているので
家に帰ったら、お遍路アルバムに載せます。
82番札所からの
下山ルートは街まで
お遍路道を歩いた
地図では、ほぼ直線だが
右に左に猫が通る用な狭い道ばかりだ、本当にこの道であっているのか不安になるくらいだ。
お昼は、紹介してもらったお店で
初めて本場讃岐うどんを食べた
83番札所を打って
高松市内の街に入る
大きな看板に目を奪われ、信号を見落としそうになる
道路優先なので、歩行者は地下歩道か歩道橋だ。
どちらにしても、階段だ。
も〜 疲れきっているのに勘弁してほしいよ!
明日は、1日高松観光で、足と体を休ませて
ラストスパートだ!


今日のオマケ

今日のオマケ
お遍路さん仲間の間で
美味しい!と評判の
本場、讃岐うどん
オニギリを付けて
うどん二玉で
¥560円 安い!
ダシは、濃いめの醤油味
麺は、関東風の角ばった麺
場所は、83番札所
「黒田屋」


お遍路 54日目 丸亀〜79〜80〜81番札所

お遍路 54日目 丸亀〜79〜80〜81番札所
昨夜、風呂に入りながら、
手洗い洗濯だ!
ここの宿には、洗濯機が無い
急に飛び込みで
泊めて、いただいたので
それだけでも
感謝だ!
朝は、昨日に買った
コンビニのオニギリとバナナだ。
5:45分出発!
79番札所をすぎたあたりから、体調がおかしい
40キロを無理して
歩いた疲れが残っているのか、
登山用のストックを使っても、真っ直ぐ歩けない
目をつぶると倒れそうだ。
79番札所の納経所で「鴨川駅で、歩きお遍路さんに赤飯の御接待をやっているので
行ってみてください」と案内書をくれた
鴨川駅から離れた所の
お遍路コースにあった。
記念に写真を撮っていると、家の中から
「あんた、歩きお遍路さんじゃろ?
赤飯を御接待するから、食べて行きなさい」初めは断るつもりだったが、おじさんの喜ぶ顔を見て
喜んで頂く事にした。
体調が悪かったのは食事のせいか、少し体調が良くなった。
そうだ、野菜100%のジュースを飲もう!
だんだん、体調が良くなってきた、

体調が良くなれば
山道を登るのも楽だ
80番札所から、お遍路転がしを登って県道180号線に出た
81番札所まで
7キロ下り坂が続いた
後で地図を見ると
標高で100メートルも下がっている
何の為に苦労して登ってきたのか、意味が無い!
残念な事に、歩くペースが極端に落ちた。
一時間に三キロのペースだ。
万歩計の数字が合わないのは、歩幅が短くなった事を表している
あと、少しだ
ガンバレ俺の足!
ここに来て
明日は、雨の山道だ最悪のパターンだ。


お遍路 53日目 71〜72〜73〜74〜75〜76〜77番札所 丸亀市市内

お遍路 53日目 71〜72〜73〜74〜75〜76〜77番札所 丸亀市市内
四国が梅雨入りだ
でも、そんなの
かんけいな〜い

外は雨で、視界が無い
でも、そんなの
かんけな〜い

71番札所
階段
ばっかり
でも、そんなの
かんけな〜い

でも、みごとに
滑って転んだ

今日、20キロを
歩く予約だ。
ゆっくり、朝食を食べて
8:00出発!
いきなり、雨で足元が滑りやすいのに
階段ばかりだ
今日、泊まる予定の
お遍路宿に電話が繋がらないので
納経所の人に相談したら
「76番札所の近くに善人宿があるよ」と教えてくれた。
たぶん、「曼陀羅」の事を言っているのだろう
昨夜、電話したが繋がらなかった所だ!
75番札所は、大師誕生の地で有名だ
さすがに、今までの
お寺と比べ物にならない大きさだ。
迷子になりそうだ。
丸亀駅の観光案内で別のお遍路宿を紹介していただいた。
宿の人も突然の来訪にも係わらす。
丁寧に対応してくれた。
助かった!
設定距離は短かったが
回ったお寺が
7ヵ所もあって
もう、クタクタだ。
予想以上に時間が
かかってしまった。
77番札所まで打って、残るお寺は11
明日から、カウントダウンが始まる
でも、ここで
急いでは、ダメだ。
「百里を行く者
九十九里をして
中と思え」
この言葉は、いつも冒険旅行に行く時に頭に入れている
ゴールを目の前にして、病気や怪我で
リタイアは、出来ない
後悔仕切れないからだ。