« お遍路5日目 | トップページ | お遍路7日目 阿波十郎兵衛屋敷 »

お遍路6日目 お遍路発祥の地「杖杉庵」

お遍路6日目 お遍路発祥の地「杖杉庵」
初めての宿坊だったが、部屋までおかみさんが食事を運んでくれた。
どうやら昨日まで体調が悪く宿を閉めていたそうだ、運が良かった。
この辺の宿はどこも満員で山の中だし予約が取れないと鴨島で足止めになるところだった。
今日の朝、たまたま歩くペースが同じで宿も一緒だった神奈川から来られたHさんと別れる。彼は定年退職して、「やっと自分のやりたい事ができる」とお遍路に出たそうだ、今日は体調が悪く少しとおまわりして「湯の里上山」に行くと別れた、俺はまっすぐ13番札所に行く林道を過ぎると歩きやすい整備された道に出た。山を下る、川が見えてくる、川沿いの道をひたすら歩く、歩道が狭く疲れてても座る所がない、車は大型車が多く走る。
きれいな川にボートを浮かべて川を下りたいぐらいだ。
歩いているとお遍路小屋「おやすみなし亭」があった、中に入り休ませていただいた、風力発電で冷蔵庫や電気を賄っている地元ボランティアの人達が作ったお遍路小屋で中にコーヒーやアメや地元の人達が作った、きんちゃく袋などが有りコーヒーときんちゃく袋をもらったら
あと3㌔で13番札所だ、ここでゆっくり休ませもらったら体が楽になった。
13番札所の納経所には新聞記者のカメラマンが白装束のお遍路さんの写真を撮っていたが、俺は普段着なので残念!


« お遍路5日目 | トップページ | お遍路7日目 阿波十郎兵衛屋敷 »